高速バスで車酔い心配ならこんな対策を!

乗り物が苦手という人にとって旅行中のプレッシャーと言えばずばり「移動」。
楽しみな旅行ですから自分も周りもできる限り快適に過ごしたいですよね。
特にほかの乗客もたくさん乗っている長距離バスでの移動は気分が悪くなっても自分のタイミングで車外に出ることは難しい状況です。
そこで車酔いしないためのコツをいくつか調べてみました。
まずは乗車前にすることとして食事をするならあっさり系のものを腹8分目程度に、乗り物酔いの薬も効果的です。
服は締め付け感の少ない心地よいワンピースなどが楽ちんです。
また飲み物は炭酸水がおすすめ。
景色を見る場合はできるだけ遠くを眺めましょう。
電車や路線バスには大体お得な回数券があり数回分まとめて購入することで1回分おまけしてくれたりするのですがこのシステムはただでさえ格安の高速バスにも存在するのでしょうか。
情報サイトや各会社のホームページをチェックするとやっているところもありました。
同じ路線を何度も使う予定があるという人は買ってみるとさらにお安く乗れるのでお得です。
気を付けなければいけないのは有効期限があったり6枚などの数枚つづりだったりするのできちんと使いきれるか考えてから検討しましょう。
使いきるのが無理そうなら払い戻せる場合もあります。
ウィラートラベルやVIPライナーなどの夜行バス乗車中に尿意を感じたらどうすれば良いのでしょうか。
移動時間帯が夜なら寝ているから大丈夫という人も多いかもしれませんが、数時間は過ごすことになる乗り物なので何度か行きたい気持ちになる場合もあるでしょう。
運転手さんのためにも数回休憩をとりつつ目的地へ向かうので顔が土気色になるほど何時間も我慢させられることはまあないのでしょうが、それでも急に強烈な便意を感じるときなど即必要な状況というのも考え付かないわけではありません。
それらの不安を解消してくれるのがトイレ付きのバスです。
あると思うだけで安心感が格段に違いますからおすすめです。
バスで長距離を走るとなると、かかる時間も長くなります。
移動が長くて疲れるから避けるという人もこれらの方法を試してみていただきたいです。
モニターが付いた車両は何もすることがなくてつらいという人向けです。
本や漫画を読むと酔ってしまうという人でもこのタイプのモニターなら顔や首を下げることがないので見やすいと思います。
それから同じ体勢を続けるのがつらい場合は余ったタオルや毛布で枕を作って腰などにあてたり、または大きく座席を倒してゆったり休めるような広めのバスに乗ってみたりすると良いかもしれません。
トイレ休憩の際にちょっとしたストレッチをすると体が楽になりますよ。

高速バス格安予約する裏ワザは?見逃すな!【キャンペーン利用するの?】